おそらく、私と同年代の方たちに物凄く影響を与えたであろう、あの小説が。
戦闘描写が濃厚、かつ濃厚なあのダークファンタジーが。

まさか、なろうで連載を始めるなんて……。

今西暦何年?
20世紀はとっくに終わってるよ?
……と、ここ数日衝撃に震えておりました。
しかもリブートという事で、書籍版とは少し違っている様子。
これから楽しみです。


私が知ったのは高校生の時。
図書室で借りる本を探していた時に、友達が「これ面白いよ」と薦めてくれたのがきっかけでした。
当時の私は『動物の中身(特に人間)』がグチャってなる表現が漫画・アニメ・映画・ドラマ・小説と全部苦手だったので、正直なところ読んでいて「うっ……」となりました。
脳髄やら何やら飛び散りまくるんやもん……。
それでも圧倒的に引き込まれるパワーがあり、「うっ……」となりつつも最後まで読まされてしまいました。

ちなみに大人になった現在では、そういうグロい表現は文章だと何とか平気になりました。
漫画は絵柄による……。
アニメとか映画とか、視覚と聴覚に同時に訴えてくるのは未だに無理やけど……。


現在活躍中の作家さんの中にも、影響を受けたという方は多いはずです。
そんなある種伝説的な作品が、今なら最初から、しかも無料で読める。
というわけで、これから要チェックや!(*´ω`*)

http://ncode.syosetu.com/n7906ee/


ご自分で遅筆と仰っておりますが、大丈夫。みんなわかっている←
更新はのんびりとお待ちしてます。

関連記事

2017.08.22