先週、髪を切ってきました。
大体2~3ヶ月に1回の頻度で切っています。
もう少しこまめに通いたいんですが、どうも面倒なので。
でもそれ以上放置すると、もう重くて重くて……。

子供の時から母親に「あんたの髪は量が多くて切っても切っても後から出てくる」とは言われていたので量が多いのはそれなりに自覚していたのですが、重さについては特に考えていませんでした。

髪の重さを初めて実感したのは、小6の時。
首の後ろで1つにまとめていたある日、5時間目の授業あたりから頭が痛い。あと首周辺も痛い。
しかし帰ってからまとめていた髪を解いた瞬間、それまで感じていた痛みが嘘のように消えたのです。
本当にもう、パアァァ――って効果音が脳内で響くくらい。
あの時初めて理解しました。
髪の重さで頭痛になるんだ……と。


いつもお世話になっている美容師さんに「髪が多い人は毛穴から2本生えてますからね~。ちょっと見てみましょうか。……えっ、3本生えてる!」
と言われた時の絶望感よ。
3倍。
私、普通の人の3倍生えてるの!?
そりゃ重いよ!
毎回かなり少なくしてもらってるのに、2ヶ月経ったらもふもふになってる理由がわかったよ……。

しかも1本1本が太いという。たまに指に刺さる。
量が多くて太いと、ヘアアレンジも上手くできない。
雑誌に載っている「可愛いアレンジ」とか夢のまた夢。
だってポニーテールが『明治時代まで生き残っている武士』みたいなツンツンしたものになるんぞ……。
まるで宮本武蔵みたいになってしまう悲しみ。

少なくて悩んでいる人のところに、良い具合に転移しないかな……。

2019.01.13 
今年の目標は、『夜にちゃんと寝る』です。

作家生活が始まってからほぼ昼夜逆転していたわけですが、店に出ないといけない日は睡眠時間が2時間とか1時間になっておりまして……。
今まで担当さんとか結構色んな人に「寝てください」とか言ってきたんですが、当の本人も寝ていなかったという……(ダメじゃん)
深夜の静かな環境でないと集中して書けない、という理由もあったのですが、帰ってから限界が来て寝落ち→変な時間に起きる→益々夜に目が冴える→店に出る日はしんどい……というループを繰り返している内に「さすがにこのままではあかん」となって生活を変える決心をしました。
それが去年のクリスマス前。

昼に集中して書くにはどうすればいいかと色々探している時にTwitterで流れてきたのが、『コワーキングスペース』という存在。
(詳しくは検索して)
「毎回喫茶店やファミレスに行くより、こっちの方が周囲に気を使わなくていいし捗るかも」とうっきうきで近所にあるかどうか探したのですが、一番近い場所にあったのが電車で2駅行って、そこからある程度歩かなければならない場所でした。
さすがに梅田周辺にはそこそこある様子ですが、電車代を考えると喫茶店に行くのとそんな変わらなくね……? となって躊躇。
「ここで手詰まりか……」と落胆していた時に見つけたのが、とあるオンラインコミュニティでした。

『朝活』という、午前中に皆で集まってそれぞれの活動をするのを目玉にしている――というのを見て「これっきゃねえ」と即入りました。
会員制なので当然有料ですが、月額980円なのでファミレスに行くより断然お得です。
というか得られる効力と濃い情報を思うと、安すぎて逆に心配になる。

老若男女、様々な業種の人達が集まっているので、コミュ内の会話を眺めているだけでも楽しいです。
Twitterは宣伝と情報収集のために使用しているのですが、商業で出版した以上『公式』アカウントになってしまった感も否めなく……。
オタク関係以外のこと――お店の経営のことを話題に出すのが非常に憚られるんですよね。
でもこのコミュ内では、作家以外のステータスもちゃんと付属して存在していられるわけです。
うん、楽。

年始は実家に帰るなどしていたので朝活にはまだ数回しか参加していないのですが、既に良い効果を実感しています。
私と同じ職業の人がいないっていうのがいい。
みんなそれぞれに黙々と作業しているのが良い。これがコワーキングスペース……。

他にも色々な活動が活発にされていて、眺めるだけで元気を貰っています。
人見知りだけど、人と会うのは好きなんよな……。

とにかく朝に起きて、1日500文字でもいいから書き続けるよう頑張ります。

2019.01.06 
少し早いですが、時間のある内に年の瀬のご挨拶。
今年は神獣を5巻まで出すことができまして、関係者や読者の皆様には大変お世話になりました。
本当にありがとうございました!
新作も水面下でモソモソと準備中ですので、次も楽しんで頂けるお話をお届けできるよう頑張ります。


趣味で書いている話の進み具合が悪すぎるので、来年の前半には区切りの良いところまで進めたいところ…。
あと消費税が10%になるタイミングで店の方を法人化しようか――という話も税理士さんとしてたりするけど、まだ具体的な話は未定。
バタバタしててまだあまり巡回できていない、ライフエンジンも活用していきたいです。
ともかく、来年も少しずつ前進します。


それでは良いお年をー。

2018.12.29 
突然ですが、実はもう十数年悩んでることがありまして。

……声が小さいんです……。

原因は自分でも明確にわかってます。
実家にいた時、私の部屋と妹の部屋は隣だったんですけど、その仕切りがアコーディオンカーテンだけでして。
元々1つの大きい部屋を分割しただけなんですよね。
だから、携帯電話で友達や元彼と話している内容が、妹にダダ漏れしちゃうわけですよ。
それが嫌だった私は、『電話では聞き取れるけど隣の部屋には聞こえないほどの声量』を出すスキルを獲得してしまったわけです。
これプラス、布団の中に潜ればもう完璧。
会話が妹に聞かれることはなくなりました。

しかしこの喋り方を徹底してしまった為、学校やバイトでも無意識でこの声量になってしまっていたのです……。
吹奏楽部でフルートを吹いていたし、演劇部でもあったので腹式呼吸は完璧にできます。
それでも、喉から上で音量を最小にして出す癖がついてしまっていたようです。

『声を出す』って基本的に無意識レベルのことじゃないですか。
歩く時に右足から出すか左足から出すか意識してないのと同じように。
だから毎度気をつけることもできず……。

私の耳もこの声量に慣れてしまったのか、自分では自分の声がめちゃくちゃ大きく聞こえるのですけど……。
そんなわけで、リアルで私と会話する人が「ん?」って聞き取りにくそうにするのを見ると、毎度申し訳ない気持ちになります。

2018.12.23 
今回はタイトル通り、ちょっと語ります。
キュレーションサイト(いかがでした?系のアレ)が根拠のないコピペ記事をあまりにも量産しているので、我慢ならなくなりました。
長くなりそうなので最初に結論を書きます。

「キスの場所には22の意味がある」と、聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。
あれらはこちらのサイトの↓

『キスの場所で22のお題』

が元ネタです。

そう。
元々創作なのです。

なお、作者様は出典の掲載の義務はないよ、と仰っておりますが、一部例外が記載されています。



 ※オフラインでの使用について
 出版物(一次創作・二次創作問わず)にて使用する場合のみ、出典元としてURLの明記をお願い致します。





使用報告は義務ではないみたいですが、はたしてこの一文は今も守られているのであろうか……。


結論を最初に語ったところで、なぜこのような広まり方になってしまったのか考察します。

まず、作者様がこのお題を作ったのが、2006年6月20日である――と記載されています。
当時はTwitterもpixivも存在しておらず、創作は個人サイトで行われておりました。
うん、私もやってたものでな……。
おそらく当時の個人サイトを持っていた方に、じわじわと使用されていた――というのが実態だと思います。

ですがその後SNSが台頭してきて、創作物の発表の場は個人サイトからこれらに移っていきました。

で、pixivでテンプレートが作られます。
https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=19117210

pixiv内でもっとも古いこちらのテンプレート、2011年5月24日に掲載されております。
その説明欄には、「ついったーで回ってきて」とありますので、これより前にtwitterで回ったのでしょう。
(ちなみに日本でTwitterが開始されたのは2008年の4月です。念のため検索してみたのですが、何せ古いので該当ツイートは探せませんでした……)

ここでそこそこpixiv内で拡散され広まりますが、テンプレートの作者様はツイッター経由なので、当然お題サイトについては何の記載もありません。
なおこちらのテンプレートですが、フランツ・グリルパルツァーの詩『接吻』と混ざっております。



手なら尊敬
額なら友情
頬なら厚意
唇なら愛情
瞼なら憧れ
掌なら懇願
腕と首は欲望
それ以外は狂気の沙汰

フランツ・グリルパルツァー「接吻」(1819)


(※注 訳によって詩の言い回しが異なります)

Twitterに掲載した人が混ぜたか、混ぜた物を掲載していた創作サイトから、Twitterに転載(おそらく無断で)したのだと推測します。
たぶん最初にTwitterに書いた人、元ネタわかってなかったんじゃないかなと思うのですよね……。



そしてほぼ1年後の2012年5月18日に、今度はこちらのテンプレートが掲載されます。
https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=27336280

こちらがイメレスにより、より爆発的に広がりました。
そしてこの説明欄にも「ツイッターで流れてきて」とありますので、「キスの場所に意味がある」系のつぶやきは、定期的にぷちバズっていたのだろうと推測します。
やはり元ネタの存在を知らないのか、『キスの場所で22のお題』サイトに関することはこちらにも書かれておりません。


ですが、お題の作者様は「創作物に制限をかけても仕方ない」ということで、基本的にはフリーですよ、と大変におおらかな姿勢でいらっしゃいます。
一次二次問わず色々なカップリングに当てはめられるので、小説やイラストなど、様々な媒体で想像が膨らみますもんね。
だからこそ、ここまで広まったのでしょう。



しかし。
Twitter経由で知った『創作をしない一般人』にまで広がってしまったことが、出典サイトがさらにわからなくなる要因となってしまいます。

キュレーションサイトの登場です。

したり顔で語っているこれらのサイトの記事は、お題が作られる2006年以前どころか、pixivのテンプレートが作られた2011年以前にも存在していなかったと断言できます。
どうしてそう言えるのかって?
小説を書くために、昔それ系の文面を検索しまくっていたんですよ私!
ちょうど2011年頃に!
昔はあんなサイトで検索上位が汚染されてなかったし!
検索したら一番上にお題サイトも出てきてたし、グリルパルツァーの詩も上位に出てきていたんですよ! それが!(ダンダン)←地団駄
何が隠された男性心理じゃ!
その根拠を示せぇい!!!

…………。
失礼。ちょっと興奮しすぎました。

(なお、その時書いていた小説はこちら↓(すかさず宣伝していくスタイル)ちょっと懐かしい雰囲気のファンタジーものです、はい)
 https://ncode.syosetu.com/n3548cx/


この件に関わらず、様々な事柄がこのキュレーションサイトに検索上位を汚染されています。
しかもこれら、お互いにお互いをコピペ(+ちょっとだけ改変)しているのが透けて見えてセコいのなんの。
ネットに転がっているネタだけを下地に盗作(もうハッキリこう言います)しているので、当然参考にした文献など書かれていません。

2016年に『ウェルク』という医療系キュレーションサイトが削除されたことを覚えている人もいるかと思いますが、キュレーションサイトは未だにポコポコ存在していて、現在も野放しな状態です。
本当にもう、許さないからな……。
というか、あの手のサイト消滅しないかな……。



ここまで一般人にも広まってしまったら、「キスの場所に意味がある」はもう新たな文化になってしまった気もします。

ちなみに、出典を知らずにこのpixivのテンプレートを作った方や、テンプレートで作られた創作物を貶める意図は毛頭ありません。
みんなじゃんじゃん妄想しよう(´∀`*)
(作者様が著作権を放棄していない以上、同人誌に使用する場合は出典は明記しておいた方が良いのではないかなぁ……と、一創作者としては思っておりますが……)

私が許せないのはキュレーションサイトです。

作者様の「創作物に制限をかけるべきではない」という厚意を、まったく別の方向から無碍に扱っている気がしてな……。
そういうわけで、今回この記事を書きました。
創作をしない方に届く可能性は低いですが……。
それでも、小さな声でも上げておいた方がいいかなと思った次第です。



2018.12.17 
21日に開催されたやつ。
密かに覗きに行ってました。



秋葉原は初上陸でした。人がめっちゃ多かった……。
「夕方くらいなら人も少なくなってるやろ」と考えていたのですが、それでも多かった……。
2階の展示も、半分人の波に流されつつの見学。
東京の日曜日の人出ぱない。怖い。



物販も私が行った時にはほとんどなくなってました。
何やこれ。えげつない。



私が書いたサイン色紙も展示されていました。
何か恥ずかしかった……。



おりょう先生のサインとイラスト。
良いおっぱいだ……。
この絵柄そのまんま、ミニタオルになっていたそうです。
私が行った時は当然のようにミニタオルガチャは終了してましたが。

ドラゴンマガジン1月号(11月20日発売)ではイラストレーター様たちのサイン色紙プレゼント企画をやるみたいですので、欲しい方は是非チェックしてみてくださいね。


2018.10.27 
何の話?
FGOです。


長かった……。ここまで本当に長かった……。
始めたきっかけはTwitterで二次創作のツボなのがいっぱい流れてきて「元ネタ知りたい」と思ったからでした。

私より後から始めて1週間で駆け抜けた人とかTwitterで何人か見てきたんだけど、どう考えてもおかしいやろ……。
1週間とか絶対にキャラ育成しきらんのに6章からのあれら倒したん?
石砕きまくったんかな……。



1年以上やってる証拠がこちら。
どうせなら500日記念の明日クリアするべきだった……(後で気付いた)

何でこんなに時間がかかったのかというと、リアル最優先だったからです。
たぶん4分の1はログインしかしてない。

曜日クエ(種火)1回→曜日クエ(素材)1回→メインクエ1つ進める

基本的に1日にやるのはこれだけでした。
イベントをやってる時は高確率でメインクエを進めなかったので、余計に時間がかかった。

APが余ってようが使い切らない事多々。
金色の林檎が400個以上溜まってるんだけど、基本的にスマホゲームの行動力回復薬って滅多に使わないんですよね……。
(グラブルとか2500個くらい溜まってる…)
飽きっぽいので、周回前提のスマホゲーは細く長くしないと続かない。

でも、据え置き機のRPGのLV上げは特に苦痛とは思わないんですよね。
あれは何でだろう。



自分用の回顧録として。
このメンバーでクリアしたよ的な。
種火の為に周回を一切したことがない割には頑張って育てた方だと思うんだ……。



育てる基準が 好み>性能 なので放置している金鯖が結構多い……。
1年後かまた何かの節目の時に比べてみよ。



このブログを見てる人がいるのかわかんないけど、フレンド枠余りまくりなのでひっそりと募集してみる。
初心者の方を助けられる程度には成長したはず……。
あと、こんな鈍足なマスターを助けてくれる心優しい方も是非。


2018.10.06 
最近あったことをまとめてお伝えします、最後の第3弾。
いや、間開きすぎてもう最近の話ではなくなってしまったんですけど……。
忙しかったんじゃ……。

というわけで去る9月8日。
なろうやTwitterで5年以上お世話になっている、三田たたみ先生とお会いして、デートして貰いました。
三軒茶屋にて待ち合わせ。三軒茶屋は初上陸だったのですが、何とか迷子にならずに着きましたよ。

合流してから早速ランチのために肉バルへ。


見よ、この溢れんばかりの肉を。
お肉の座布団盛り丼だ!
こちらがストップと言うまで、店員さんがどんどん盛っていくものらしいです。(数量限定)
丼自体はちょっと小ぶりなので、それほど大食いでない私でも余裕で食べられました。
お肉とソースが合っていて、とても美味しかったでございます。


ご飯を食べた後は、キャッツミャウブックスさんへ連れて行ってもらいました。
細い道をいくつも曲がった住宅街の一角に突如現れる、可愛い看板。
初見では絶対に道覚えられへん……。


こちらの本屋さん、猫に関する本ばかりを置いてあるのです。
どの棚を見ても猫が登場する本ばかり。
漫画、小説、絵本、写真集など多岐に渡っております。
しかも店内の決められたエリアでは、猫店員さんが自由に動き回っているのですよ。
私達が行った時は、2匹の猫店員さんが体をペロペロしたり爪を研いだり寝たりしておりました。
癒やされる……。
ただ猫カフェではないので、猫とおもいっきり戯れたい――という目的の方は注意。
猫はあくまで店員さんです。
ドリンクも注文できるし、店内で本を読むこともできます。

とてもゆったりとした時間を過ごせました。至福の時間だった。
あと、オリジナルのブックカバーがとてもかわゆい……。


その後は近くのいちご専門スイーツへGO。
いちご大好き!
……が、店内が激込み。入り口付近は待っているお客さんで溢れておりました。
店内ではみんなてんこ盛りのかき氷食べてた。
時間がないのでストロベリースムージーを持ち帰りで注文。

近くの公園で飲んだよ。
これを持っている間は、凄く女子力が上がった気分になりました。



三軒茶屋のシンボル、キャロットタワーにも案内していただけました。
中にあるTSUTAYAをぐるっと見学。
私もどこの本屋さんにも置いてもらえるような作家になりたいもんですのう……。


東京の街並みを一望。
遠くの方にうっすらと虹が出てたよ。


そして三田先生のお店、ガリレオさんへ。
実は私と同業者さん……。
同業にしかわからない濃い話もできました。

入り口の看板はスタッフさんが描いているそう。上手い……。

「神獣~」を持ってきてくれたので、お店の中でサインを書かせて頂きました。
そして私は持参していた「めぐる季節の回文短歌」にサインしてもらいました。やったー。



その後時間が来たので、お別れしたのでした。
初めての三軒茶屋、とても充実した時間を過ごせて楽しかったです。
三田先生、本当にありがとうございました!

2018.09.30 
修羅場っててかなり遅れました。
ここ最近の出来事を数回に分けてお送りします。第2弾。
今回は去る9/7の出来事を。

旧スクウェア時代のRPGの曲が大好きでサントラとか購入していた勢なんですが、特にLIVE・A・LIVEの曲は全編に渡り好きな曲だらけで、サントラを手に入れるまでTVから直に録音していました。
カセットテープにな……(時代を感じる)。
攻略本の表紙に付いてたCDを見た時は歓喜したし、その後サントラを手に入れた時も歓喜しました。
それほどLALの曲が大好きな小学生だった私です、こんばんは。
前置きが長い。

そんな折、Twitterで単独ライブが開催される事を知りました。
告知が唐突すぎました。
めっちゃビックリしました……。
(だって開催の2ヶ月前て)
3年前にもあったみたいですが参加できなかったので、今回こそは……!と何とかチケットを取る事に成功。
予定も調整して楽しみに待っておりました。
直前に超でっかい台風が来てしまったけど、私が家にいても壊れた瓦は元に戻らないし、少しでも経済回すんじゃ、と予定通り東京へ。

以下、感想を交えたレポです。長いよ。







READ MORE▼

2018.09.18 
色々やってる間に書くタイミングを逃してました。
ここ最近の出来事を数回に分けてお送りします。第1弾。


まずは今年も来てしまった誕生日。
そろそろ年齢という概念を忘れたい歳になってきた。

今年も塩いくら貰いました。
白いご飯に乗せて食べる瞬間はまさに至福の時。



バイトの子がくれたパブロのチーズタルト3種盛り。
ここのチーズタルトは本当に大好きだけど、さすがにこれを目にした瞬間は怯んでしまった…。
体重増加待ったなし。



で、台風。
2回来た。
1回目で家の瓦がいくつか飛んでしまって業者さんに見積もり依頼をしたのですが、

「来週も台風来るみたいですね……。このままいけるでしょうか……」
「では来週もう1度伺います」

という事で、2回目の台風待ち。
結果、大阪があんな状態に。
さらに瓦が飛んでしまって、最初の見積もり額から3倍に跳ね上がったよ。
火災保険がどれくらい下りるかな……。

近所の竹林では、綺麗に管理されていたたくさんの竹がバッキバキに折れてました。
そこから飛んできたと思われる笹の葉が、うちの車庫の奥の方にこんもり山盛り状態になっているのを見た時は笑うしかなかった。

近場では飛来物が電線に引っかかりまくってまして、うちが停電しなかったのは奇跡でしかなかったのを痛感しました……。
(一瞬だけ電気消えたけど)

ライフラインの確保で奔走している方々、本当にお疲れさまです。

2018.09.09